コトログ京都 コトログ京都

京都の紅葉は京都府立植物園で決まり!見頃と見所をご紹介 - 京都観光ブログ

京都の紅葉は京都府立植物園で決まり!見頃と見所をご紹介

2016.11.11

京都の紅葉といえば嵐山や高雄などの神社仏閣が人気ですが、意外に知られていないおすすめの紅葉スポットが京都市左京区にある京都府立植物園です。京都府立植物園は1924(大正13)年に開園した日本初の植物園で国内最多の1万2千種類12万本の植物を保有する日本を代表する植物園です。

紅葉の見ごろは11月中旬~12月上旬まで。期間中は植物園の様々なエリアで多種多様な紅葉を楽しむことができます。

植物園のたくさんある紅葉スポットのひとつ目が正門までの約250メートルのケヤキ並木です。真赤な紅葉のじゅうたんを歩いて植物園の正門へと向かいます。紅葉の時期は駐車場街の車で渋滞になりますが、順番を待ちながらも紅葉を楽しむことができます。ケヤキ並木は紅葉も素敵ですが、初夏の新緑もおすすめです。

京都府立植物園の入場料とアクセス(駐車場・駐輪場・地下鉄・バス)

園内一番北側、つばき園付近の道。

紅葉の他にどんぐりもまた多種多様!広い園内いたる所に落ちているどんぐりは、エリアによって色形大きさも様々。子どもたちとどんぐり拾いを始めるとあっという間に閉園時間...ということも多々あります(笑)。

子連れママの憩いの場 京都府立植物園

梅林から半木神社へ続く道の池付近が園内でも一番の紅葉スポットになります。

綺麗に色づいたもみじは何度訪れても飽きることはなく、池の水面に映るもみじと深く広がる自然に心癒されます。このエリアは特にカメラ愛好家が多く、長~い望遠レンズのおじ様おば様も一気に急増(笑)。

温室向かい側に望む迫力満点のイチョウの木。遊びや散策に夢中で冷えた体には大芝生広場「森のカフェ」のおうどんも最高!温かい店内と温かいおうどんに、思わず顔もほころびます。

森のカフェ(京都府立植物園)

あじさい園エリアにそびえ立つフウの大木の紅葉。このフウの木は植物園開園時に植樹されたもので、樹齢約100年!! 見頃が長く、黄色から赤に変わる葉のグラデーションがたまらなく美しいのが魅力です!

いよいよ色づきはじめた秋の京都府立植物園。本当に素晴らしい紅葉です。紅葉狩りやピクニックにぜひ訪れていただきたい、京都のおすすめ紅葉スポットのひとつです。

京都府立植物園の周辺情報